2018年10月15日

残欠と肥後守の再生・・

神奈川の住人から
手持ちの残欠と肥後守を実用で使いやすく再生して欲しい・・

と言う事で送られて来た 残欠は改造しようとして断念した様で
樫と口金で持ちやすい柄を創り刃全体を整形してから研ぎ上げ
持ち運びしやすい古竹で鞘を創り落下防止用の革紐を付けた・・

肥後守は山型の嶺を明治型のトンガリにして細かい作業も出来る
様に改造して全体を研ぎ上げ鞘の中に刃を守るゴム片を入れた
これももう26年前からやってた慣れた作業だ・・

今回のように実際に使うと云う顧客には 今後のメンテも含め
末永く応援したいと思います・・。

大高マキリ0.jpg

大高マキリ肥後4.JPG
大高マキリ肥後5.JPG
posted by WAFT at 06:58| 古刀の再生

2018年04月01日

残欠をマキリに・・・

骨董市の仲間からもらった残欠・・
大刀の柄側半分を
シノギ落し樫柄古竹鞘のマキリに再生した。

ナタにもナイフ・包丁にも使える山で最高の相棒だ。
次回骨董市に展示販売予定・・

マキリ1.JPG
マキリ2.JPG
マキリ3.JPG

posted by WAFT at 18:42| 古刀の再生

2018年01月15日

残欠をマキリに再生・・・

下呂温泉近郊の住人から・・
家に在った残欠を山で使える用に再生して欲しい・・
と言う事で送られてきた残欠は 表面の傷をすべて削り 冠落しで使い易く整形し 
鹿角柄 木鞘 希望のマキリに再生した。
これで春になったら 山で 枝打ち 山菜採り 狩猟 などで
住人の良き相棒に成るだろう・・。

武川残欠マキリ1.JPG

武川残欠マキリ5.JPG
武川残欠マキリ3.JPG
posted by WAFT at 07:04| 古刀の再生