2017年10月15日

貰った刃物達の再生・・・

骨董市の常連顧客から 貰った錆たナイフ・残欠・出刃の再生・・

使わず放置された錆たナイフ・残欠・出刃包丁を
キャンプでも使えるハンターナイフに再生した。

刃はそれぞれ機能的なカタチに整形し研ぎ上げ 
樫の木に指溝を削り握り易くしたグリップを付け
古材の竹と木で携帯出来る鞘を創った。

岡澤ナイフ2.JPG
岡澤ナイフ4.JPG

残欠1.JPG
残欠4.JPG

岡澤出刃1.JPG
岡澤出刃4.JPG

IMG_4079.JPG

posted by WAFT at 07:37| 古ナイフの再生

2017年09月01日

刃物のチューニング・・

関西の常連顧客より
今回手に入れた3本の刃物も 使い易くチューニングして欲しい・・

まず 刃鋼とグリップの隙間を埋め 柄の角を取り滑り止め加工し
刃先も冠落とし加工して使い易くしてから 
3本共機械研ぎ刃を 鋭角に滑らかに研ぎ上げた。

高橋刃物2.JPG

高橋刃物4.JPG
posted by WAFT at 07:17| 古ナイフの再生

2016年09月15日

ダマスカスナイフの再生・・・

都内の住人から・・錆びたナイフと刃欠けした包丁を再生研ぎして欲しい・・

と直接持ち込まれたナイフは・・革シースに入れたままにして錆びた大型ナイフ全体を
柔らかい砥石で優しく研いで綺麗なダマスカス模様を復活させてから刃を研ぎ上げた。
包丁も刃欠けした2本の 刺身包丁とダマスカス仕様の三徳包丁を 刃欠けを修正し研ぎ上げた。

刃物の保管は 鞘から出して 本体を最近の新聞紙に包んで置くのが 簡単で良い保管方法だ・・。

福島刃物1.JPG

福島刃物3.JPG
posted by WAFT at 07:19| 古ナイフの再生