2018年03月01日

鉈の再生・・・

都内の各顧客から・・
1件目は 田舎の祖父が使ってた鉈2本を 研ぎ直し鞘も作って 
アウトドアで使いたい・・
大きな刃壊れを直し刃研ぎ ガタツク柄の目釘を直し 
安全な木鞘を創った。


秋山鉈1.JPG

秋山鉈4.JPG
秋山鉈3.JPG




2件目は秋田の西根袋ナガサの革鞘と研ぎ直し希望
刃先の冠落しと付け根付近の刃の安全処理をして研ぎ上げ
グルップにすべり止め紐巻き樹脂で表面堅めた
希望で携帯便利な革鞘を創った。

松本ナガサ1.JPG

松本ナガサ5.JPG
松本ナガサ3.JPG
posted by WAFT at 09:21| 古鉈の再生

2018年02月15日

鉈の柄交換・・・

9年前に再生した鉈の柄の交換・・
この鉈 東京郊外の住人がキャンプなどで良く使い
今回3回目の柄交換に成る・・
ハードな使用の耐える様に太めの樫とステンの目釘を使い再生研ぎ上げ
無くなったシースのバンドも補修した・・
これでまた 山やキャンプで元気に活躍できるだろう・・

平澤鉈1.JPG

平澤鉈4.JPG
平澤鉈3.JPG


posted by WAFT at 07:26| 古鉈の再生

2018年02月01日

古斧の再生・・・

横浜の住人から 
家に在った 錆た斧と鋏を再生して キャンプと裁縫で使いたい・・

と送られて来た錆た斧と裁鋏は・・昭和30年代まで何処の家でもあった
風呂炊きの薪割りと洋裁の裁鋏・・
風呂炊きは薪・石炭・プロパン・天然ガス全自動へと変わり・・
高価だった洋服を洋裁教室で習って自作してたのがデパート・スーパー・ユニクロへと
道具を使わない時代へ変化していった・・。

今回この錆た斧に鞘シースを付けキャンプで使いやすい様に柄を改造して刃を研ぎ上げ・・
錆鋏は習い始めた洋裁で使いやすい様に調整し研ぎ上げた。

道具の復活と再度それを使おうという顧客を 益々応援したくなる研ぎ屋でした・・。

崔斧1.JPG

崔斧4.JPG
崔斧3.JPG



posted by WAFT at 07:21| 古鉈の再生