2021年02月01日

包丁の再々生・・・

近県の顧客から
8年前に包丁の腐った柄の再生をしたが 
また柄が膨らんできたので看て欲しい・・

と言う事でレターパックで送られて来た包丁の柄を外すと
柄の内側が錆で消滅していた 顧客の了解を得て刃本体を削り
中子を創り差込柄を付けて研ぎ上げた・・
包丁の柄の再々生で 現場復帰だ。

窪田包丁1.JPG

窪田包丁3.JPG

<・・WAFTへのお問い合わせは・・>

  研ぎと製作についてご相談ください、折り返しご連絡いたします。
  
  お問合せ ご注文の際には・・
  お客様の氏名・電話番号・住所・郵便番号を明記して
  下記のメールをご利用ください。
 
   ariga@waft.jp
    現在不通 togiya@waft.jpは使用不可
  (Yahoo!メールなど 迷惑メールのフィルタリングされる事有り注意)

  注文の際には・・
  右手もしくは左手と利き手にあわせて研ぎますので、利き手をお知らせ下さい。
  また、刃持ち良く研ぎ上げる一般用と、鋭く切れますが刃持ちの悪いプロ用の
  研ぎ方がございますので、どちらかをお選び下さい。

  代金は・・メール 写真添付などで 現物確認出来れば 見積もりをメールで返信し  ます。

  ご検討の上 了解でしたら 下記へ現品をお送り下さい。
  (尚 代金はすべて現金書留になりますが・・現品と同送でも可)


  直接 研ぎを持ち込みたい場合は・・

   平日の9時から12時まで受け付けてます。
   通常費用・・包丁一本500円〜1000円です その他応談。
   (1mm以上の刃欠け 波刃修正などは別料金)
   
   来社日時 氏名 住所TEL 研ぐ本数と状態 など事前に
メール(ariga@waft.jp)連絡してからお持ち下さい。

   株式会社ワーフト  東京都足立区南花畑2丁目11番1号
03-3850-0342


posted by WAFT at 07:06| 包丁鋏の再生