2014年01月15日

研ぎ減った包丁正本達・・・

(依頼)越後の住人から 包丁3本 柄を再生してして欲しい・・。

(再生)送られて来た包丁は・・どれも基刃長の半分前後まで研ぎ減りした 正本の包丁だった。
おそらく プロの料亭で使って来られた包丁達で 刃のメンテに柄の寿命が付いて来なかった様だ・・。

顧客に了解を獲って2本は 本体を削り中子を創り柄を差し込んで、もう1本は柄を分解錆止再生してから研ぎ上げた・・これで3本の包丁正本も現役復帰し 活躍してる事だろう・・。

P1010001.JPG

P1010003.JPG
posted by WAFT at 07:30| 包丁鋏の再生

2014年01月01日

究極の道具・・・

・・年末から年始に向けて・・

12年前に自分用に 究極の道具 を創った・・ 

ただ一人無人島にたどり着いても、この道具が有れば他獣から身を衛り木を倒し 生活道具を創り 生きる為の料理だって出来る・・都会での大震災でも ガレキから人を助け 道具を創る 最高の相棒になるはずだ・・こんなWAFTボウイナイフだが・・ 

今回少し軽量なWAFTボウイナイフを創ってみたくなり制作した。

このWAFTボウイナイフは・・2本とも両刃の古鉈を素材に アウトドアで使い易くする為 本体を軽量化と鋭い刃先にすべくボウイナイフ型に再生 柄には頑丈で滑りにくい鹿角の基を使い鍛造の口金で刃を合体させ 鞘は茶器箱の古材を使い 腰に付ける革のベルトホルダーを付けた・・。

この世の中に唯一のオリジナルナイフは・・これからも俺の頼もしい相棒でいてくれるだろう・・。


12年前創ったWAFTボウイナイフ
鹿ナイフ8.JPG

今回の軽量WAFTボウイナイフ
鹿ナイフ3.JPG

2本揃えて・・
鹿ナイフ7.JPG
鹿ナイフ6.JPG
posted by WAFT at 07:54| 趣向