2011年01月18日

ウシコロシ(正式名・鎌柄・と云う位堅い木)の柄・・・

(依頼)1月の世田谷ボロ市に持ち込みで来られた顧客から・・折れた鉈の柄を交換して刃も砥いで欲しい。

(再生)鉈の柄には、前年笠間の常連顧客が自分の山から切って来た・・ウシコロシ・・を多く仕入れていたので、正月サービスでこの鉈にウシコロシを付けてあげてから刃の砥ぎを入れた。
No.201101C

usikorosi1.jpg

usikorosi2.jpg

usikorosi3.jpg
posted by WAFT at 11:21| 古鉈の再生

2011年01月12日

亡き父の包丁を復活させたい・・

(依頼)部屋を掃除してたら亡き父の錆びた包丁が出て来たので・・再生して欲しい。

(再生)錆びた3本の包丁はどれも柄が錆で浮いていた。本体を研ぐ前に3本共柄の交換と再生を施してから・・本体の錆を落とし刃を復活させた。錆を落とすと・・3本とも有次・正本・菊弘の名が各包丁に刻み込まれた名品だった・・おそらく料理人だったろう亡き父上の包丁がまた息子の代に復活した・・。
No.201101B

hocho1.JPG

hocho2.JPG
posted by WAFT at 22:45| 包丁鋏の再生

2011年01月02日

矢立ての紙切小刀修理・・

(依頼)近所の骨董仲間から・・矢立ての小刀が取れてしまったので修理と砥ぎを頼む・・。

(修理)矢立ての細い持ち手に筆と小刀が上下2段にピッタリ納まる昔の筆記携帯グッツだが・・持ち込まれた矢立てには小刀が折れて別物が刺してあり当然細い持ち手には入らない状態だったのを刃を整形し柄をロウ付紙が切易い片刃に砥ぎ揚げ柄にピッタシ小刃が収まってまた一つ骨董品が復活した。
No.201101A

yatate7.JPG

yatate6.JPG

yatate5.JPG

yatate1.JPG
posted by WAFT at 10:06| その他刃物の再生