2010年03月16日

切っ先で小型マキリ製作・・・

(動機)前記のマキリ製作した時と並行して・・小型マキリに良さそうな刀の切っ先 を骨董市で見つけたので同時進行。製作はだいたい3本同時製作すると 間 が空かず気持ちよく作業が出来る・・・。

(製作)切っ先は・・まず試し砥ぎして刃の良し悪しを確認してから作業に入る。ワーフトマキリの特徴として 冠落としで形を整え・・口金付き堅木グリップに指溝(サムホール)を彫り・・古木で鞘をこしらえて ワーフト小型マキリの完成だ。
No.201003C

20100316a.jpg

20100316b.jpg

20100316c.jpg
posted by WAFT at 07:45| 古刀の再生

2010年03月10日

片刃ハンターナイフ製作・・・

(動機)マキリに丁度良い薄手の片刃の鉈が手に入ったのと・・雨で骨董市に行かない日が続き 創作意欲が沸いて来た。

(製作)四角い片刃の素材を 無駄な所を削ぎ落とし 大好きなボウイナイフタイプにして 堅木のグリップを付け手に合った指溝を掘り込んで、鞘は茶器の木箱を使い・・・ワーフト・ハンターナイフ(ワーフト・マキリ)の完成だ。
No.201003B

20100310a.jpg

20100310b.jpg

20100310c.jpg
posted by WAFT at 10:40| 古鉈の再生

2010年03月01日

奉納料理包丁・・・

(依頼)骨董市の常連顧客から・・珍しい奉納料理包丁セットを手に入れたので手入れをして欲しい。

(再生)大小5本の 先の丸まった形の奉納料理包丁は 錆びて柄は割れたり虫食いの穴が開いていた・・柄の割れと穴を砥粉と溶剤で修理して深い本体の錆を本来の形を壊さない様に砥ぎ上げ後世への文化保管の手助けをした。
No.201003A

20100301a.jpg

20100301b.jpg
posted by WAFT at 08:00| 包丁鋏の再生