2009年11月14日

包丁の腐った柄の交換・・

(依頼)母が長いこと使っていて・・愛着のある包丁の柄が腐ってしまったので丈夫な柄に交換して欲しい。

(製作)包丁の腐った柄をはずしてみたら・・内部はほとんど腐ってしまっていた為・・依頼者の許可を得て、本体を少し削り柄の差込部を製作し・・腐りにくいローズウッドの柄を付けて、差込口に水が染み込まない様に溶剤で固めて 母の包丁を復活だ。
No.200911B

20091114a.jpg

20091114b.jpg

20091114c.jpg
posted by WAFT at 09:28| 包丁鋏の再生

2009年11月10日

フクロナガサの研ぎと鞘創り・・

(依頼)岐阜のオーナーから・・フクロナガサを研いで欲しい、また製作日誌に出ていた様な鞘も創って欲しい。

(製作)既存の鉈は・・ほとんどがグラインダーで刃付けしてバフで仕上げをしている。これでも切れるが表面が波打ち砥石をあてるとノコ刃の様に波打ってるのが良くわかる。まず通常通りにフクロナガサの刃を研ぎ上げ・・山で邪魔にならないスリムで軽量で山歩きでもナガサがずれ落ちないポーチタイプの革シース(鞘)を創った。
No.200911A

20091110a.jpg

20091110b.jpg

20091110c.jpg
posted by WAFT at 22:13| 古鉈の再生