2009年08月31日

めずらしい鉈鎌のメンテナンス・・・

(依頼)和歌山の山林から・・・使っている鉈鎌の柄が壊れたので滑り止めのある柄を創って欲しい。

(製作)鉈鎌で一日中枝打ちしても・・頑丈で使いやすく手に負担が掛からない様に・・少し太めのカシ材でグリップに滑り止めの指溝を彫り柄を本体にリベットで固定して、鉈鎌の逆反りの刃を研ぎ上げた。
No.200909A

20090931a.jpg

20090931b.jpg
posted by WAFT at 11:43| 古鉈の再生

2009年08月10日

裁ち鋏の復活・・・

(依頼)縫製工場の方から・・長い事使わなかった裁ち鋏を研いで欲しい。

(製作)長い事放置されてた裁ち鋏達は・・全体の錆を落とし・・裏研ぎを丁寧にしてから刃を研ぎ・・咬み合わせを調整し・・剥げた柄に黒塗料を塗直し・・裁ち鋏現役の復活だ。
No.200908B

20090810a.jpg

20090810b.jpg
posted by WAFT at 14:39| 包丁鋏の再生

2009年08月03日

古鉈を再生して使いたい・・・

(依頼)浦和骨董市の常連顧客より・・この古鉈を研いで柄を付け、鞘も創って欲しい。

(製作)おそらく竹割りに使ったであろう大鉈は、厚みがある両刃で柄を長くすると重くて使い難いので 太めの堅い木で短柄にして 滑り止めの瘤を付けた そして鞘は頑丈な木製にした。
No.200908A

20090803a.jpg

20090803b.jpg
posted by WAFT at 10:05| 古鉈の再生