2019年11月15日

残欠をキャンプナイフに・・・

東北の住人から
手持ちの残欠を 新たに柄とシースを付けてキャンプで使いたい・・
と言う事で送られて来た残欠は すべてお任せで再生
古い柄を外し口金のしっかりした柄に付け替え刃全体をシャープに研ぎ上げ
希望でクロメの革シースを創り キャンプでの万能ナイフの完成だ・・。

小鷹マキリ2.JPG

小鷹マキリ4.JPG
小鷹マキリ6.JPG
posted by WAFT at 07:01| 古刀の再生

2019年11月01日

鑿の再生研ぎとワーフト研ぎ屋への問い合わせ・・

都内業者から
長年仕舞って置いた鑿のセットを使える用に研いで欲しい・・
と言う事で入荷した鑿達はキャンバス生地の道具入れに入れられ酷く錆が出ていた 
長期保管では湿気を吸いにくい新聞紙で包む方が手軽で簡単保管できる・・
少し多めな錆を丁寧に落としてから鑿の刃を実用使用出来る様に研ぎ上げた・・。

中村鑿組1.JPG

中村鑿組3.JPG



  <・・WAFTへのお問い合わせは・・>

  研ぎと製作についてご相談ください、折り返しご連絡いたします。
  
  お問合せ ご注文の際には・・
  お客様の氏名・電話番号・住所・郵便番号を明記して
  下記のメールをご利用ください。
   ariga@waft.jp
   (togiya@waft.jp)は不調

  (Yahoo!メールなど 迷惑メールのフィルタリングされる事有り注意)

  注文の際には・・
  右手もしくは左手と利き手にあわせて研ぎますので、利き手をお知らせ下さい。
  また、刃持ち良く研ぎ上げる一般用と、鋭く切れますが刃持ちの悪いプロ用の
  研ぎ方がございますので、どちらかをお選び下さい。

  代金は・・メール 写真添付などで 現物確認出来れば 
  見積もりをメールで返信します。

  ご検討の上 了解でしたら 下記へ現品をお送り下さい。
  (尚 代金はすべて現金書留になりますが・・現品と同送でも可)


  直接 研ぎを持ち込みたい場合は・・

  @下記の骨董市に出てますので、切れないハサミ・包丁・ナイフをお持ち
   頂ければ、その場で研ぎ上げます。

  営業時間・・朝7時〜午後2時まで、一本30分くらいで研ぎ上げます。
  通常費用・・包丁一本500円〜1000円です その他応談。
   (1mm以上の刃欠け 波刃修正などは別料金)
  その他・刃物研ぎ・リメイク・の相談もここでやってます。

  第一土曜日  柏布施弁天骨董市 (千葉県柏市布施/布施弁天)
  第一日曜日  佐原骨董市 (千葉県香取市佐原/八坂神社)
  第三日曜日  一言主神社骨董市 (茨城県水海道市大塚戸/一言主神社)


  A下記 当社への持ち込みの研ぎは・・平日の9時から12時まで受け付けてます。
   通常費用・・包丁一本500円〜1000円です その他応談。
   (1mm以上の刃欠け 波刃修正などは別料金)
   
   来社日時 氏名 住所TEL 研ぐ本数と状態 ・・など 
   事前にメール(togiya@waft.jp)連絡してからお持ち下さい。

   株式会社ワーフト  東京都足立区南花畑2丁目11番1号
             03−3850−0342
posted by WAFT at 07:16| その他刃物の再生

2019年10月15日

猟師から貰ったナイフ・・

北関東の住人から
猟師の手作りナイフを貰ったので
これに柄と鞘を作って欲しい、またついでに家の包丁2本も研いで・・。

と言う事で 送られて来たナイフは ハイス鋼の薄刃で猪の解体などに最適
かと思われ シンプルな柄と薄刃を安全に収める竹鞘にバンドホルダーを付け
刃を研ぎ上げ   同送の包丁2本も研ぎ上げて 返送した。

三木狩猟ナイフ1.JPG

三木狩猟ナイフ3.JPG
三木狩猟ナイフ4.JPG
posted by WAFT at 07:01| 古ナイフの再生